医学部 臨床医学泌尿器科学Urology

JapaneseEnglish

研究室HP

泌尿器科学2016

腎腫瘍、腎盂尿管腫瘍および膀胱腫瘍、前立腺癌などの悪性腫瘍に対し先進的な治療法を実施している。石川県で最初に前立腺癌に対する小線源密封照射療法を導入し350例以上の、ロボット支援下前立腺全摘除術(RALP)は150件の治療実績がある。また、ロボット支援下腎部分摘除術は(RAPN)は30例の施行している。昭和50年石川県で最初に実施した生体腎移植は255例になり死体腎移植も65例になっている。尿路結石症に対しては最新の診断法の導入、体外衝撃波結石破砕治療、経尿道的尿管結石砕石術、経皮的腎結石破砕治療、詳細な結石分析、発生原因の追及、治療法の確立などすべての面で最先端の研究を臨床応用している。前立腺肥大症、尿失禁など排尿に関するすべての疾患を迅速に診断し、薬物療法や手術療法で治療している。

お問い合わせ

TEL: 076-286-2211 内線:3314 / FAX: 076-286-5516 / Email: urol@kanazawa-med.ac.jp

所属者紹介

講座主任

  • 宮澤 克人

臨床教授

  • 田中 達朗

講師

  • 近沢 逸平
  • 森田 展代

助教

  • 菅 幸大
  • 中澤 佑介
  • 井上 慎也
  • 牛本 千春子
  • 國井 建司郎

主な研究業績

部門別研究業績

  • Nakazawa Y, Inoue S, Miyazawa K, et al High-salt diet promotes crystal deposition via hypertension in Dahl salt-sensitive rat model. Int J Urol. 2019. 26: 839-846.
  • Sakamoto S, Miyazawa K, Yasui T, et al. Chronological changes in the epidemiological characteristics of upper urinary tract urolithiasis in Japan. Int J Urol. 2018. 25: 373-378.
  • Sorokin I, Mamoulakis C, Miyazawa K, et al. Epidemiology of stone disease across the world. World J Urol. 2017. 35: 1301–1320.
  • K. Miyazawa, T. Tanaka, D. Nakai, N. Morita and K. Suzuki: Immunohistochemical expression of four different stem cell markers in prostate cancer: High expression of NANOG in conjunction with hypoxia-inducible factor-1α expression is involved in prostate epithelial malignancy. Oncol lett, 2014. 8: 985-992.
  • K.Miyazawa, M.Matoba, H.Minato, N.Morita, I.Chikazawa, K.Ota, K.Tokunaga, H.Tonami, T.Nojima, K.Suzuki: Seed migration after transperineal interstitial prostate brachytherapy with I-125 free seeds: analysis of its incidence and risk factors. Jpn. J. Radiol. 2014. 30:635-641.

主な外部研究資金

  • 2020-2022年 宮澤克人 科学研究費補助金 基盤研究 (C)
    尿酸代謝と生活習慣病としてのカルシウム結石の分子機構の解明
  • 2019-2021年 中澤佑介 科学研究費補助金 若手研究
    食塩感受性高血圧による尿路結石症促進の分子機構の解明
  • 2018-2020年 井上慎也 科学研究費補助金 若手研究
    最終糖化産物が尿路結石形成に及ぼす分子機構の解明とバイオマーカーの探索